記事一覧

グアムの交通事故経験談1 ~事故状況・警官とのやりとり~

妻が運転中他の車にぶつけられた交通事故なのにグアムの警察は妻に責任があると判断し、そんなのおかしいと裁判を起こしても結果負けてしまった事についての経験談です。



ツーリストの方もローカルの日本人の方もグアムで車を運転するなら交通事故に遭ってしまった時の為にぜひご覧下さい。



  1. 事故発生

  2. 警察到着

  3. 警官とのやり取り

  4. 納得いかないことばかり





事故発生



ある日、妻はタモンからGPOに向けてホテルロードの西の終わりのぐるぐる回るループ道路を走っていました。

妻は2車線道路の左側車線を少し飛ばして走行していて、右側の車線をノロノロ走っていたピックアップトラック(車1)を追い抜いている途中でした。

事故現場(GoogleMap)





ちょうど道路が二手に分かれる場所で、妻の車(車2)の右後ろ側のドアから車の終端までと相手の車(車1)の左前の角の部分が接触しました。

車2は接触した場所から約20m程進んだ左側のレーンに停車。

車1は接触した地点からわずかに進み左側車線に少しはみ出ている状態で停車しました。


相手方が警察を呼び、自分は妻から連絡を受け大急ぎで現場に向かいました。

現場に到着し相手の車が道路の真ん中に左向きで止まっているのを見て、

「これなら相手が左に曲がってきたのは警察も分かる事だから妻のせいになることはないだろう」

と考え写真もなにも証拠を残しませんでした。

今思えばこの安易な考えで結果が変わってしまったと思います……



警察到着


自分が到着してから10分以上経ちやっとパトカーが到着しました。

相手からが電話してから20分ほど。

この時はグアムの警察は遅いな程度しか思っていませんでした。

到着した警官は現場の状況を見た後まず妻から事情を聞きその後相手方3人と話をしていました。



警官とのやり取り


そして警官がこっちに戻ってくるといきなり、

「あなたがこれこれこういう理由で Unsafety Lanechange (危険な車線変更) をした為この事故が発生したのであなたに Ticket (違反切符) を渡します」

と言われました。

は?

なぜ?

理由の部分が自分も妻もよく理解できませんでしたがとにかく車線変更の違反と言われたので、

「私は車線変更なんかしていない」

と妻が説明すると、

「自分は今まで何回も事故を見ているからこの状況を見ただけで分かる」

と警官は言いました。


おいおい無理やりだろ。

警察の立場としてなんの根拠もない説明の仕方はおかしいと思います。


ちょうど雨が降ってきたのでとりあえず近くのお店の中へ移動しました。



警官
「あなたが違反を認めるならこの切符にサインしなさい。
罰金は$350だから決められた日までに払いなさい。
もし不服があるなら Traffic Court (交通裁判所) へ行きなさい。」

自分
「なんで車線変更をした事になっているのかわからないから詳しく説明して」

警官
「自分はすでに説明をしたからもう説明はしない」

いやいや。

ちょっと待てよ。

説明したって言うけど最初に言われたことまず理解してないし、説明一回だけってのもおかしくないか?

なんの根拠も無く「見ただけで分かる」って説明したこと自体おかしいよね?

自分
「説明して」

とさらに言うと

警官
「あなたは事故の時車に乗っていなかったんだから話に入ってくるな」

いや、まぁ確かにそうだけどさ。

それを理由に話を拒否するのも納得いかないわ

しょうがないので妻が同じ事を質問すると、

警官
「さっきも言ったけど、すでに説明はしたからまた説明はしない。
もしあなたが切符にサインしたらその後に説明をする。
サインをしないならここで説明しない。
裁判を起こしたら自分も出るから、その場でなら説明をする」

ってかさ、サインをしたら説明するってそれ違法じゃないの?

知らないけど。

違反の説明をすることと引換にサインさせるっておかしくないか?

強引に違反にされた挙句罰金$350も払うなんてありえない。

こんなんでいくら話してもらちがあかないので、裁判はいくらか聞いたら$20くらいでできるとのこと。


事故現場の写真もこの警官の対応も録音してないから証拠は何も無いけど、その値段なら裁判してやろうじゃないかと決めました。

※相手は公務員なので法律的にどうなのか分かりませんが、勝手に録音すると盗聴の罪になる可能性があるかもしれません。


サインをせずに切符を受け取り裁判の手続きについての説明を受けました。

警官
「その切符を持ってアガニヤの裁判所に行きなさい。
そこで係りの人に言えば手続きできる。」

なるほどね。

この後すぐに行ってやるよ。

で、このやりとりに全くついてこれていなかったのが妻…

警官との話が終わった後、妻にどうなるの?と質問されたので

自分
「裁判して、もし負けたら妻が悪くなっちゃうよ」

と答えると、

「なんで私が悪くなるのよ」

「だから、結局あの警官が答えないから理由は全くわからないの。裁判でなんとかするしか無いの。」

説明すると妻は状況がやっと理解できたのでもう一度、帰る為パトカーに乗り込んだ警官に質問しに行きました。

警官
「その話はもう終わった、後は裁判で話す。自分はもう行くから自分の邪魔をするな。」

時間はちょうどお昼前。

さっさと仕事を終わらせて昼飯を食べに行きたかったのかどうか知りませんが、そう言ってパトカーを出してしまいました。


納得いかないことばかり


自分たちが若いからなのか、自分たちが日本人だからなのか知りませんがまさかここまで適当な感じに対応されるとは思っていませんでした。

確かに、グアムの警察は軽い交通違反なら全く気にしなかったり違反車を止めても切符を切らなかったり適当な事が多いですが、でもさすがにこういう事故でこんな扱いを受けたら誰でもイラッとするはずだと思います。


この時は、この警官はどうせ早く帰りたかっただけだから裁判すればなんとかなるかもと思っていました。


裁判の申し込みへ続きます。



以上です。
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

guamcardiy

Author:guamcardiy
グアム在住の日本人です。

アクセスカウンター