記事一覧

グアムの交通事故経験談5 ~まとめと今後の対策~

というわけで、相手にぶつけられたのに警察に自分のせいにされ、あげく$350もの罰金まで払うことになってしまった今回の交通事故のまとめです。


経験談その1~4↓
事故状況・警察とのやり取り
裁判の申し込み
裁判に備えて
いざ裁判



  1. 事故が発生した時

  2. 裁判の準備

  3. 交通裁判

  4. 終わったあとの反省

  5. 最後に




事故が発生した時


事故現場図

相手の車が左に向いて止まっている事故後の状態を見て、

「これなら警察も妻がぶつけられたのは分かるから相手の過失と判断するだろう。」

と思ってしまい、現場の状況を写真で撮ったりせず証拠を残しませんでした。
※↑これが1番の大失敗。後々裁判をした時なにも出せる証拠が無かった……ドライブレコーダーもあれば良かったのにな。


相手方が警察に連絡をし、20分ほどたってから警察が到着。
※↑事故のあといろんな周りの人に聞くと、ほとんどの人は「グアムの警察は知り合いを守る」と言われたので、相手方は知り合いの警察を呼んだのかも知れません。出来ることなら自分で真っ先に通報した方が良いと思います。


到着した警官
「私は今まで何度も事故を見てきたからあなた(妻)のせいで事故が起きたのが分かる。だからあなたに違反切符を渡します。」
と言われ事故は妻のせいになった。
※↑警官は具体的な説明をせず、なんの根拠も無い理由で妻のせいにしました。法的に問題が無ければ警官との会話も録音しておきたい。


妻と自分
「そんなのじゃ説明になってない。ちゃんと説明して。」
警官
「私はすでに説明したからもう説明はしない。切符に違反を認めるサインをすれば説明する。サインをしないなら裁判の場でしか説明はしない。」
※↑再度説明する事と引換に切符にサインをさせようとする警官。普通に考えて、おかしい。違法かどうか、違法だとして録音とかしておけば良かったのか、今後の為に弁護士に相談したいです。

もちろん切符にサインをする訳も無く、交通裁判をする事にしました。


裁判の準備


お金が掛かるか心配だったので弁護士ではなく、自分が契約している保険屋さんに相談しました。
※↑保険屋さんにもよると思いますが、全くあてにならなかったので期待しない方が良いです。弁護士の事務所に行って、相談が無料でできるか確認した方が全然良いです。

まぁでも、証拠が無い時点で何をしても遅い気がします。



交通裁判


自分の都合が悪く妻だけで裁判しました。
(この時点でほぼ諦めてました)

妻によると、

相手方は事故の証拠として、損傷した車の写真を提出
↑いったい何がどう証拠なのかわかりませんが、なにも用意していないこっちの方が不利。

裁判官
「この写真に異議はありますか?」

(たしかにそれは事故の写真だから)と思って「ありません。」
※↑これも弁護士に聞いておいた方が良かった事ですが、恐らくここで「それは証拠にならない」とか、証拠にならない内容の返事をしなかったのがいけなかったと思います。

裁判官が相手方に質問
「あなたはどこへ行こうとしてた?」
相手方
「GPOの方」
そこで妻が割り込み
「相手はタモンの方へ行こうとしたから私の車にぶつかったんだ」
相手方は黙る
そして裁判官
「妻を有罪にします」
※↑妻が言いたいことを言えたのはこの時だけ。恐らく、相手方が証拠として出した写真を否定しなかった時点で話にならないんだと思います。


終わったあとの反省


楽観的に考え、事故の証拠を残さなかった。
※↑ほんと、これが1番の失敗。

警官の対応も怪しいところが多かった。
※↑証拠を残す為といっても、下手に警察の対応を勝手に録音したり、録画したりするとそれはそれでこっちが悪くなる可能性もあるので、どうしよう。

金がかかるのが心配で弁護士ではなく保険屋さんに相談した。
※↑金が掛かるか掛からないか弁護士事務所に確認すれば良かった。今回保険屋さんは全くあてにならなかった。

裁判とはどんなものなのか?
自分の主張を言うにはどうすればいいのか?
弁護士に相談したりせず、下調べが不十分だった。


最後に


結局のところ警官にしてやられたのかホントに妻が悪いと思われたのか、本当の事はわかりません。

結果的に精神的にも体力的にも疲れ果て、お金も失ってしまいましたが、グアムで生活する上でいろいろと勉強になった事も事実です。

グアムにいる他の方が同じような目に遭わないように、なにかしら皆様の参考になれば良いなと思い今回の経験談を書きました。

もしグアムで同じような経験をされたりした方がいましたら、ぜひコメントをお待ちしてます。





以上です。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

guamcardiy

Author:guamcardiy
グアム在住の日本人です。

アクセスカウンター