記事一覧

グアムで車の運転4 ~道路標識57個の解説とルールと注意点~

グアムの道路標識とそのルールを紹介しています。

標識は基本的に個人的に重要と思う順に並べてあります。
特に解説の必要が無い物は各項目の「その他」にまとめてます。

日本と違い「時間帯が指示されている」ものや「結局何がダメなの?」と思わせる複雑な標識はありませんが、
英語表記の標識は英語が読めなければもちろん理解出来ないので頑張って覚えて下さい。

見ればすぐ理解できるものは簡単に紹介して、それ以外は説明しています。

順次更新していきます。

この記事が原因でなにかしら問題が発生しても責任は取りませんのでご了承下さい。

11/19 色々と更新しました。



普通の標識



  1. Reserved Parking ♿
    「身体障害者用駐車スペース」

  2. Yield「前方優先道路」

  3. Stop「とまれ」

  4. Stop 4-way「4方向Stop」

  5. Stop 2-way (3-way)「2方向(3方向)Stop」

  6. Slow「徐行」

  7. No Turn On Red「赤信号で曲がるな」

  8. Stop Here On Red
    「赤信号の時はここで止まれ」

  9. Left Turn Yield On Flashing ←
    「←信号が点滅中の左折は他車が優先」

  10. Ped Xing「横断歩道」

  11. Do Not Enter「進入禁止」

  12. One Way「一方通行」

  13. ↑Only「通行区分」

  14. →Only「右折のみ」

  15. Speed Limit「制限速度」

  16. 〇mph When Children Are Present
    「子供がいる際〇マイル制限」

  17. Keep Right「右を走れ」

  18. 「この先Uターン路」

  19. 「Uターン禁止」

  20. Runaway Truck Ramp「緊急避難所」

  21. →Use Crosswalk「横断歩道を使え」

  22. その他



Reserved Parking ♿
「身体障害者用駐車スペース」


アメリカグアム道路標識 Reserved Parking
アメリカグアム道路標識 Reserved Parking2

レンタカー会社の人によると観光客が警察に捕まる理由の堂々ベスト1位です。
グアムの警察は割と緩いので観光客の違反も見逃してくれることが多いのですが、
身体障害者用スペースへの違法駐車は容赦しません。

勘違いしやすいのは身体障害者がいても政府かどこかが発行する許可証がなければ駐車できないので注意しましょう。
(観光客ならいいじゃんと思います)

違反すると$300~500の罰金とレッカー移動代が発生します。


Yield「前方優先道路」


アメリカグアム道路標識Yield
アメリカグアムYield解説
他の方向から来た車が優先なので譲って下さい。
他車が来ていなければ止まる必要は無くそのまま進めますが慣れないうちは止まる気持ちで走りましょう。


Stop「とまれ」


アメリカグアム道路標識Stop
特に説明する必要も無いですが日本でいう「とまれ」と同じです。
もちろん前方の交差する道路の車に優先権があるので通り過ぎるまで止まって待っていましょう。


Stop 4-way「4方向Stop」


アメリカグアム道路標識Stop4way
この交差点では4方向から来る車に対して「Stop」が表示されいるので「4」-wayと表示されています。
「〇-way」が設置されている場合、他車より先に「Stop」で止まった車が優先なので先に進めます。
(同じ状況で4-wayの標識が設置されていない交差点もありますが、ルールが同じかどうかは分かりません)


Stop 2-way (3-way)「2方向(3方向)Stop」


アメリカグアム道路標識Stop2way
上の4-wayと同じく、先に「Stop」で止まった車が優先です。


Slow「徐行」


アメリカグアム道路標識Slow
工事現場や交通整理をしている場合しか見かけません。

ちなみに裏面は「Stop」になっています。


No Turn On Red「赤信号で曲がるな」


アメリカグアム道路標識NoTurnOnRed
グアムでは赤信号でも右折可能ですが、この標識がある場合赤信号でも右折してはいけません。
歩行者が多いTギャラリア前とアガニヤ地区の交差点で見かけます。


Stop Here On Red
「赤信号の時はここで止まれ」


アメリカグアム道路標識StopHereOnRed
赤信号の際の停止位置を指示しているだけで右折が禁止されている訳ではありません。


Left Turn Yield On Flashing ←
「←(黄色)信号が点滅中の左折は他車が優先」


アメリカグアム道路標識 Left Turn Yield On Flashing ←
グアムで1箇所しか見つけていないレアな標識です。
黄色の左矢印が点滅中は他の車がいなければ左折可能です。
詳しくは交通ルールのページで解説しています。


Ped Xing「横断歩道」


アメリカグアム道路標識PedXing
信号がある場所でもご丁寧に設置されています。
信号が無い横断歩道で渡ろうとしている歩行者がいたら止まりましょう。


Do Not Enter「進入禁止」


アメリカグアム道路標識 Do Not Enter
日本の標識と似てます。


One Way「一方通行」


アメリカグアム道路標識 One Way
矢印の方向への一方通行です。
一方通行の入口と、出口にも設置されている場合があります。


↑Only「通行区分」


アメリカグアム標識 進行方向別通行区分 1
アメリカグアム道路標識進行方向別通行区分 2
標識と実際の道路の車線が一致していない事もあるので信じ込まない方が良いです。
小さな看板が交差点のすぐ手前にしか設置されていない事が多いので見落とし易いです。


→Only「右折のみ」


アメリカグアム道路標識 Stop only
この場所は中央分離帯があるので。

アメリカグアム道路標識 RightTurnOnly
この場所は一番右車線が右折専用なので設置されています。
気が付いていないのか確信犯なのか直進する車が多いです……


Keep Right「右を走れ」


アメリカグアム道路標識 Keep Right
2つの標識共に同じ意味です。
基本的に中央分離帯に設置されてます。
夜間この標識が無いと暗かったり対向車のライトの眩しさで中央分離帯の場所が分からなくなって焦る事が多いです。


Speed Limit「制限速度」


アメリカグアム道路標識 制限速度
グアムは自己中な?アメリカなので「キロ」でなく「マイル」が使われています。
35mph≒60km/hです。


〇mph When Children Are Present
「子供がいる際〇マイル制限」


アメリカグアム道路標識 When Children Are Present
学校付近に設置されています。
守っている車を見た事がありませんし、そもそも歩いて通学する子供があまりいません。


「この先Uターン路」



下のNo Buses~は「バス、トラックを除く」なのでレンタカーには関係ありません。


「Uターン禁止」


アメリカグアム道路標識Uターン禁止
警察署の前や、自分が左折できる時に左から右折する車に対して青信号が表示される場合に設置されている事が多いです。


Runaway Truck Ramp「緊急避難所」


アメリカグアム道路標識 Runaway Truck Ramp
箱根新道でよく見かけましたがまさかグアムにもあったとは。
教習所のビデオで見た下り坂でブレーキが効かなくなった際に突っ込むやつです。


→Use Crosswalk「横断歩道を使え」


アメリカグアム道路標識 Use Crosswalk
歩行者用の標識です。


普通の標識その他


まぁ見れば分かります。


「車線数減少」(イラスト)


アメリカグアム道路標識 Right Lane Ends Merge Left 2


Merge「合流」


アメリカグアム道路標識 Merge


「車線追加」


アメリカグアム道路標識車線追加


「カーブ」


アメリカグアム道路標識カーブ


「この先交差点」


アメリカグアム道路標識交差点


Traffic Circle「ラウンドアバウト」


アメリカグアム道路標識TrafficCircle
グアムではヒルトンホテルの近くに1箇所しかありません。
ガイドブックでアガニヤのループも一緒にされていましたがあれは違います。


Signal Ahead「この先信号」


アメリカグアム道路標識信号


↑Yield「この先Yield





Fire Station「消防署」


アメリカグアム道路標識FireStation


英語だけの標識


イラストや矢印が無く英語だけで表示されていて英語が分からないと意味が理解出来ず予想もつかない標識です。


  1. School Bus Stop Ahead
    「この先スクールバス停あり」

  2. Right Lane Must Turn Right
    「右車線は必ず右に曲がれ」

  3. Right Lane Ends Merge Left「車線数減少」

  4. Do Not Block Emergency Access
    「緊急車両の出入口で止まるな」

  5. Do Not Block Intersection
    「交差点内停止禁止」

  6. No Parking Between Signs「標識の間駐車禁止」

  7. No Turn On Red Except From Right Lane
    「右車線を除き赤信号で曲がるな」

  8. Left Turn Signal「左折用信号」

  9. Bump「激しい凹凸あり」

  10. Hump「緩い凹凸あり」

  11. Slow Down「速度落とせ」

  12. Slippery When Wet「濡れていると滑りやすい」

  13. No 〇〇 Between 〇~〇「〇~〇の間〇〇禁止」

  14. One Lane Bridge Proceed With Caution
    「1車線橋注意して進め」

  15. Stop Ahead「この先Stop」

  16. Reduced Speed Ahead
    「この先スピード落とせ」

  17. Dead End Cliff Ahead
    「行き止まりこの先崖」

  18. U Turn OK「Uターン可」

  19. Sound Your Horn「警笛鳴らせ」

  20. Emergency Vehicles Only「緊急車両専用」

  21. End School Zone「スクールゾーン終わり」


School Bus Stop Ahead
「この先スクールバス停あり」


アメリカグアム標識 School Bus Stop Ahead
バス停の手前 (50m程) に設置されています。
詳しくは交通ルールのページで紹介していますが、この標識を見かけたら対向車線にスクールバスが止まっていないか注意しましょう。
広い道路だと気が付きにくいのと、最悪子供を轢きます。


Right Lane Must Turn Right
「右車線は必ず右に曲がれ」


アメリカグアム道路標識 Right Lane Must Turn Right

もし曲がらないと……



とんでもない事になります。


Right Lane Ends Merge Left
「車線数減少」


アメリカグアム道路標識 Right Lane Ends Merge Left
アメリカグアム道路標識 Right Lane Ends
一個上の「Must Turn Right」との違いは、いきなり車線が無くなるか合流で徐々に消えていくかだと思います。


Do Not Block Emergency Access
「緊急車両の出入口で止まるな」


アメリカグアム道路標識 Do Not Block Emergency Access 2
アメリカグアム道路標識 Do Not Block Emergency Access
日本と考えは一緒です。
もちろん警察署の前にもあるのでお巡りさんに捕まりやすいです。
ちなみに大体Uターン禁止です。


Do Not Block Intersection
「交差点内停止禁止」


アメリカグアム道路標識 Do Not Block Intersection
こっちは普通の交差点に設置されている物。


No Parking Between Signs「標識の間駐車禁止」


アメリカグアム道路標識No Parking Between
この場所だと「駐禁標識の間~」と言いつつ「始まり」と「終わり」が無かったので駐禁の区間が分かりません。


No Turn On Red Except From Right Lane
「右車線を除き赤信号で曲がるな」


アメリカグアム道路標識 NoTurnOnRedExceptFromRightLane RightTurnSignal
右折レーンが2車線ある交差点でたまに設置されていますが、標識の無い交差点が多いです。
詳しくは交通ルールのページで解説していますが守っていない車が多いのと、律儀に止まっていると後ろからクラクション鳴らされる事もあります。


Left Turn Signal「左折用信号」


アメリカグアム道路標識 Left Turn Signal
一個上の交差点はややこしいのでRight Turn Signal「右折用信号」が設置されているのはまぁ分かりますが、なぜこの写真の交差点でご丁寧に「左折用信号」の標識が設置されているかは分かりません。


Bump「激しい凹凸あり」


アメリカグアム道路標識 Bump
昔から使われているスピードを落とさせる為の段差です。

スピードを極端に落とさせたい駐車場や住宅地、刑務所の近くなどに設置されています。

筑波山なんかでも見た事ありますがゆーっくり進まないと車によろしくないです。


Hump「緩い凹凸あり」


アメリカグアム道路標識 Hump
厳密にはBumpとHumpは違う物でそこまでスピードを落とさせなくても良い場所に設置されている段差です。

住宅街や飛ばすことが好きな人達が集まる道路などに設置されています。


Slow Down「速度落とせ」


アメリカグアム道路標識Slow Down
抜け道で何個もありました。


Slippery When Wet「濡れていると滑りやすい」


アメリカグアム道路標識Slippery When Wet
棒に収まらない程警告しています。


No 〇〇 Between 〇~〇「〇~〇の間〇〇禁止」



これはNo Left Turn Between~と書いてあるので、2:15~3:00の間左折禁止です。

恐らく学校に子供を迎えに来た車で混雑するので設置されているかと。

日本では至るところで見かける時間帯で規制する標識ですが、グアムでは初めて見かけました。


One Lane Bridge Proceed With Caution
「1車線橋注意して進め」


アメリカグアム標識One Lane Bridge Proceed With Caution
おそらく橋が重さに耐えられない為です。
10年以上前から変わっていません。


Stop Ahead「この先Stop」


アメリカグアム標識 Stop Ahead


Reduced Speed Ahead
「この先スピード落とせ」


アメリカグアム標識 Redused Speed Ahead
この先にカーブがあったり制限速度が下がる場合に設置されている事が多いです。


Dead End Cliff Ahead
「行き止まりこの先崖」


アメリカグアム標識 Dead End Cliff Ahead
標識があるのは米軍の基地内です。
一般人が行ける場所で見た事はありません。


U Turn OK「Uターン可」


アメリカグアム標識 U Turn Ok
別にこの標識が無くても大体の交差点でUターン可能です。
下はExcept Trucks Buses「トラックとバスを除く」なので普通の車は関係無いです。


Sound Your Horn「警笛鳴らせ」


アメリカグアム標識 Sound Your Horn


Emergency Vehicles Only「緊急車両専用」


アメリカグアム標識 Emergency Vehicles Only
病院などで設置されています。


End School Zone「スクールゾーン終わり」


アメリカグアム標識 End School Zone


案内標識



  1. Tsunami Evacuation Route「津波避難路」

  2. JCT「交差点」

  3. 「観光地」

  4. 「観光案内」

  5. Tourist Activities「観光客向け案内」

  6. その他


Tsunami Evacuation Route「津波避難路」


アメリカグアム標識 Tsunami Evacuation Route
その名の通り津波の恐れがある際の避難方向です。
矢印の方向は上り坂になっているので強い揺れを感じたら矢印の方向へ進んで下さい。


JCT「交差点」


アメリカグアム標識JCT
トンナンシャーペーもとい東西南北は英語で「East」「West」「South」「North」です。
自分はEastとWestがごちゃ混ぜになりますが「We」(=私達)と考えれば思い出せると教わりました。
(地図上で左はWest、右はEastの頭文字)


道路番号が付いている道路が近くにある場合、「場所」が道路番号になっている事もあります。


「観光地」


グアム標識観光地
観光地の名前が書いてあって入口付近に設置されています。
これはそのまま「ニミッツビーチパーク」と分かりますが、


例えばこのセラ湾展望台の標識のように発音の違いで「Sehya」と表記されている物や、


アプガンの丘やアプガン砦として知られているこの場所では正式名称の「フォートサンタアグエダ」と表記されており、看板を見てあれ?と思うことも少なくないと思います。


「観光案内」


割と最近作られた茶色い標識で分かりにくい物が多いです。

グアム標識観光案内
ピクニックエリアの鳥居みたいなイラストはテーブルと椅子がセットになった物みたいです。






Tourist Activities「観光客向け案内」


アメリカグアム標識 Tourist Activities
観光客向けの施設や地区が書いてありますが、まぁ英語で分かりにくいかなと。


案内標識その他


「道路番号」


アメリカグアム標識道路番号


「病院」


アメリカグアム標識病院


工事やイベント関係の標識



  1. Bush Cutting Ahead「この先芝刈り中」

  2. Flagger Ahead「この先交通誘導員」

  3. Be Prepared to Stop「止まる準備をしろ」

  4. One Lane Road Ahead「この先1車線」

  5. NOTICE : Expect Traffic Delays
    「通告 : 渋滞が予想される」

  6. その他



Bush Cutting Ahead「この先芝刈り中」


アメリカグアム標識Bush Cutting Ahead
グアムでは日常的な作業です。


Flagger Ahead「この先交通誘導員」


アメリカグアム標識FlaggerAhead
工事で車線を規制している場合などに「Stop 止まれ」「Slow 徐行」の看板を持った作業員がサボっていなければ立っています。


こんな感じです。


Be Prepared to Stop「止まる準備をしろ」




この先で止まる可能性があります。


One Lane Road Ahead「この先1車線」


アメリカグアム標識One Lane Road Ahead
工事でこの先1車線に規制中です。


NOTICE : Expect Traffic Delays
「通告 : 渋滞が予想される」


アメリカグアム標識 ExpectTrafficDelrays
大規模な道路工事やマラソン大会の前に設置されます。


工事やイベント関係の標識その他


Road Construction 〇〇Feet
「〇〇Feet先道路工事」


アメリカグアム標識RoadConstruction
フィートがいったい何メートルなのかよく分かりません。


Caution:Uneven Pavement Ahead
「注意:この先道路がデコボコ」


アメリカグアム標識CautionUnevenPavementAhead
わざわざ言われなくてもグアムの道路はそこら中デコボコです。


Men and Equipment Working
「作業員と重機作業中」





Utility Work Ahead
「この先ライフラインの作業中」








以上です
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

guamcardiy

Author:guamcardiy
グアム在住の日本人です。

アクセスカウンター