記事一覧

自分でぶっ壊した扇風機を自分で直す

毎度毎度、いろいろあって破壊される我が家の家具たち…


今回の被害者はコイツ、


壊された扇風機


扇風機です。



  1. 自分に破壊された箇所

  2. 修復案

  3. 修理・改造




自分に破壊された箇所


コイツは今回思い切り蹴飛ばされ壁に激突。


今も壁に残る激突の痕。

電源コード端子折れた
見事に本体と接続する電源コードの端子部分がポッキリ逝ってしまいました。


端子を引っ張ると完全に折れてます。


若干曲がってますが本来はこんな形の物を


本体に差し込んでいました。


修復案


さて、壊れたのは電源コードの一番端っこ。

同じサイズの端子の予備があれば配線を切って繋ぎ直せば終わりですが、家にそんな物はありませんし店で探すのも骨が折れます。

かといってこの折れた部分を直すのも至難の技。


ここは頭を柔らかくして考え


  • 充電なんてしないただの扇風機だから、別に電源コードを端子で接続する必要は無い

  • ってか、本体から突き出て垂れ下がっている電源コードによく足が引っかかって前から邪魔だと思っていた

  • 電源コードを繋げるついでに長くすれば使い勝手が良い



という訳で、

電源コードを延長して本体の基板に直結し、その配線を軸の中を通して下の土台部分から外に出す事にしました。


修理・改造



  1. 分解

  2. 穴あけ

  3. 配線接続

  4. 問題発生

  5. 完成


分解


さっそく本体をばらします。


土台の部分と


軸のパイプを外して


電源コードが接続されていた本体の部分だけにしました。


カバーを外し


端子を差し込む部分の裏を見ると


こんな感じになっていました。


接続部分は今後使わないので配線を切って



ぐりぐりっと引っこ抜きました。
こいつは車か鉄道模型用にストックする事にします。


穴あけ



3つ上の画像の左下の部分、軸のパイプをはめる本体側の筒です。


この様に本体からの配線を下へ通したいので


ドリルで穴を開けて


配線が通るようにしました。


軸と土台の接続部分も


穴を開けました。


この部分は太い配線を通すので穴を広げました。

軸のパイプは中が空洞だったので加工は無しです。


配線接続


次は配線を延長します。


左は家に転がっていた配線 (2sq)、右は本体に繋がっている配線 (たぶん0.75sq)
だいぶ太さが違いますが、元の線より細くなければ電流の抵抗にならないので良しとします。
2つの芯線をぐるぐる巻き付けて繋がないので被覆は少ししか剥がしていません。

配線予備はんだ
予備ハンダをつけます。

配線はんだ付け
芯線の先端部分をハンダでくっつけました。
ぐるぐる巻きにしていませんが、これだけでも強度は問題ありません。


長くする為さらにもう1箇所同じことをしました。


接続した箇所は絶縁のため熱収縮チューブで覆います。

熱収縮チューブライター
お手軽ライターで様子を見ながらササッと炙って


キュッと縮めました。



念の為テスターで導通チェック


ちゃんと繋がっているようです。


バラした物を組み立て本体からの配線を穴に通して土台の下に出します。



電源コードを切って


配線を繋げた後だと熱収縮チューブが通せなくなるので先に通しておきます。
ちなみに自分はかなりの確率で通し忘れます……


本体からの配線と電源側の配線をくっつけます。


またもライターで炙って


絶縁完了。


問題発生


さて、これで本体の基板~電源が繋ぎ直した配線で繋がったのでお待ちかね、ワクワクドキドキの瞬間。


電源ON!


……


ん?


……


うんともすんともしない扇風機。

あれ?おかしいぞ……


もしかしてと思い調べてみました。


せっかく繋いだ配線を分離させ


電源側の電圧を調べてみると「-」表示。


これか……


電源コードプラス表示白線
電源コードにプリントされていた白線を勝手にマイナス側表示だと思い込んで±を確認していなかったので、プラスとマイナスを逆に接続していました。


気を取り直して配線を入れ替え繋ぎ直すと無事に動きました。

±間違えても一応壊れてはいなかったので一安心。


完成



最後に、表にはみ出している延長した2本の配線をテープで巻いてまとめました。


これで宙吊りになった電源コードに足が引っかかることも無くなります。


扇風機修理改造完了
完成!




以上です。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

guamcardiy

Author:guamcardiy
グアム在住の日本人です。

アクセスカウンター