記事一覧

エンジン音対策で高粘度のオイルを入れてみた~ToyotaCorollaMatrix04~

御年12歳、走行距離すでに17万キロとかなり多走行なMatrixは相変わらずエンジンからいろんな音が聞こえてくるのでその対策として高粘度のオイルを入れてみました。






なぜ高粘度のオイル?


「エンジンからカタカタ音がするなら高粘度のオイルを使え」

なんでもエンジン内のピストンやらなんやら各パーツには新車時から隙間があって、その隙間にちょうど良い粘度がメーカー指定の粘度になっているそう。

でも走行距離が多かったりオイル管理が悪かったりすると摩擦などでその隙間が広がって指定の粘度だと隙間を埋められなくなってしまい異音や振動が発生するので粘度を高めたオイルを入れるそうです。

ただ粘度を高めてしまうと「燃費悪化」や「パワーダウン」などいろいろ弊害も出てくるそうです。

ちなみにMatrixのメーカー指定粘度は5w20です。

なのでこれよりも数字の高いオイルが高粘度なオイルになります。


Napaでオイル選び




やってきましたグアムのカー用品店「Napa ナパ」。

場所はマイクロネシアモールをしばらく過ぎたところです。
「Napa」16号線ハーモン店(GoogleMap)



そしてオイルコーナー。

化学合成油Syntheticやら鉱物油Conventionalやらなんやら40種類以上置いてあります。

大部分は「Valvoline」と「Napa」ブランドの2種類。

下にはRoyalPurpleもあります。
(値段は忘れました)



Valvolineの鉱物油、ブレンド、過走行高年式用、化学合成油。

値段はNapaの化学合成とだいたい一緒。

粘度の種類が多かったです。



常夏の島で冬や秋が無いので「10w30」ではなく「SAE30」のようにシングルグレードオイルも普通に置いてありました。

お値段は1US Qt. $4.09(946ml約409円)



で、このグレーのボトルがNapaブランドのSynthetic化学合成油。

1Qt.$6.77 (約677円)

ちなみに同じNapaのConventional鉱物油はだいたい$3(約300円)で売ってました。


さて、どのオイルにするか?

ただでさえ優柔不断なのにこんなに種類があるので軽く30分は悩みました。
(閉店時間になったので30分で済みましたが時間気にしなかったら平気で1時間は悩んだと思います)


気にしなかった事:
・短期間で交換する予定なので耐久性
・ブランド

気にした事:
・もちろん粘度
・化学合成vsブレンドvs鉱物油
・なるべく安い物


シングルグレードについてはよく分からなかったのでパスしましたが次回は買うかも?

あまり粘度が高すぎるのもどうかという気持ちもありますが、短期間で交換するし経験という事で置いてある中で一番高い20w50未満が候補。

ちなみに同じ粘度でもメーカーによって硬さが違ったり、化学合成の方が硬いようです。


化学合成油Syntheticの方がいろいろと鉱物油より優れているらしいですが、少なからずゴム製のガスケットに攻撃性があってオイル漏れの原因になるとかならないとか。

まぁそれを気にするよりまずはエンジン内がスラッジで汚れまくっているのを綺麗にしたいので、洗浄性が高いと言われている化学合成油にしました。


で1番安いのが「Napa」のオイル。


他のブランドなら10w40や20w50などいろいろありますがNapaの化学合成油で候補内の粘度は10w30と15w50のみでした。

高粘度がどんなものか経験してみようという訳で、Napaの化学合成油の中で一番粘度が高い15w50に決定しました。
(結果の善し悪し関係無く経験は大事だと思います)



ちなみにオイルフィルターもいろいろ種類があって性能もそれぞれのようです。

まぁフィルターについて今回は特に気にしないので店員が渡してきた「Napa Gold Filter $12.98」をそのまま購入。

もう少し安いNapaのフィルターもありますが多分鉱物油用なのかな?


交換後




始動時や走行中含め全体的にエンジンからの音が減りました。

もうこれだけで大満足。

粘度を高くした効果は確かにありました。

もちろん抵抗が増えたのでエンジンがもっさりしますがまぁしょうがないです。

その他意外なところではオイル漏れが減りました。

駐車場に垂れるオイルの量が以前に比べ半分ほどになっていたので、恐らく粘度が高くて漏れにくくなったのではないかと。


あと、5000回転以上は回らなくなりました(笑)

ニュートラルなら回りますがクラッチを繋げていると無理です。

普通の状態の車でどうなるかは知りませんが、うちのMatrixはそもそもエンジンの調子が全然よろしくないのでこうなったかと。

まぁ今までは5000回転付近から異音が物凄い事になって壊れるのが心配で回さなかったのが回せなくなっただけなので気にしません。


次回のオイル交換はオイルの汚れ具合を見つつ6ヵ月を超えない時期に予定しているのでまた紹介します。


おまけ




今回抜いた6か月前に交換したPeakの鉱物油5w20。

色は全体的に濃い茶色って感じだったので一応スラッジは少しずつ綺麗になっているのかな?

って事はどうでも良くて、



よぉく見ないと分かりませんが、異物やら金属粉が見えます……

そもそもエンジンの状態がよろしくないのも理由ですが、指定粘度を入れていたせいで余計金属同士が擦れてしまったんだと思います。

エンジンから異音がしたらとりあえず粘度の高いオイルを入れておきましょう。





以上です。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

guamcardiy

Author:guamcardiy
グアム在住の日本人です。

アクセスカウンター