記事一覧

北米版トヨタの安全装備デイライト「DRL」と完全に余計なお世話なオートライトを無効にしてみた~ToyotaCorollaMatrix04~

10年以上前に作られた2004年式の我がマトリックスには自動デイライト「DRL」とオートライトが装備されていますが邪魔なので無効にしてみました。



※この記事が原因で何かしらの法的だったりなんなりな問題や損害が発生しても責任は取りません。この記事を参考にご自身で作業される場合は十分な知識がある上でトラブルや法令に違反しないよう注意して自己責任で行って下さい。


ホントに迷惑




デイライト「DRL」ってなに?


「DRL」とはDaytimeRunningLightsの略で、他車からの視認性を向上させ交通事故の発生を抑える為、日中自動でヘッドライトを点灯させる装置の事です。
通常のヘッドライト使用時と違い、車内の照明やインジケーター、尾灯は点灯しません。
(日本ではあるのでしょうか?)

自分の04年式のマトリックスやカローラのDRLが点灯する条件
①「日中エンジン始動中」
②「ギヤがニュートラル以外」
③「パーキングブレーキが解除されている」

この条件に当てはまれば勝手にDRLが点灯します。


ご覧の通りマトリックスのライトスイッチはポジションとローだけなので何をやってもDRLは消せませんが、


わりと最近のトヨタ車には「DRL」のスイッチが追加されているので、スイッチをOffにすればDRLを消せます。
※これは14年式ToyotaRav4のライトスイッチ

(DRLの存在も理由も知らない人が多いと思うので消せない方が世の中には良いと思います)




上がDRL、下が通常のロービーム+ポジション灯

マトリックスの場合ロービームがDRLとして使用され、その際はPWM制御(パルスなんちゃら制御)によりヘッドライトの通常使用時より照度が低くなります。
(まぁ今まで全く気付きませんでしたが)

※PWM制御とは、目に見えないほどの速さで電気のOnOffを繰り返すことにより電流?の流れを低くする制御だそうです。
詳しくはググって下さい。



DRLの問題点と無効にする理由


今回自分には関係ありませんが、このDRLが一番問題になるのはヘッドライトをHIDに交換する時です。

DRLは上でも書いたようにPWM方式で制御されており、その状態のままHIDのヘッドライトに交換してしまうとHIDが壊れるそうです。

なのでロービームがPWM制御のDRLに使われている車のロービームをHIDに交換する際はDRLを無効にする必要があります。

それ以外の方法としては、
・配線をいじってフォグライトやハイビームやポジション灯をDRLに変更してロービームをHIDにする
・バイパス等でPWM制御をしないDRLにしてロービームをHIDにする
・HIDを諦めてLEDにする
などいろいろあります。


自分はHIDに交換する予定も無いし別にDRLを消せなかったり点灯し続ける事は気にならないので無効にするつもりはありませんでしたが、オートライトを無効にする方法をネットでいろいろ調べていたら簡単な方法で両方ともいっぺんに無効にできる方法を見つけてしまいました。

「まぁいつかHIDに交換するかもしれないからついでにやるか」

ってな感じに考えたのでDRLを無効にする事にしました。

もちろん安全の為の装置を無効にしてしまうので抵抗はありましたが、

「フォグライトを点けっぱなしにすれば同じ事かな?」

と思ったのでまぁ良いでしょう。

※今回の改造の後、日本だと問題あるようですがフォグライトを単独点灯可能なように改造しました。


オートライトって何?


そのまんま「自動で点灯するライト」です。

DRLと同じくギヤを入れパーキングブレーキを解除している状態で夜間や暗い場所になるとセンサーが反応し、ライトスイッチの状態関係無く強制的にロービームやインジケーター、尾灯が自動で点灯する装置です。



オートライトを無効にした理由


これは同じ悩みというかイライラを感じている人は多いと思います。

うちのマトリックスや同世代のカローラは暗い場所や夜になるとライトスイッチを「Off」にしていてもヘッドライトが勝手に点灯してしまい、いくらライトスイッチをガチャガチャ操作しても消す事ができません。
(他のトヨタ車は知りません)

なので例えば、誰かと駐車場で待ち合わせをする時なんかにエアコンを切りたくないからエンジンをかけたままにしているとヘッドライトは点灯し続けたまま。

それが短時間でなければ目立つ事はしたくないし普通に考えてライトを消したいと思いますよね?

そんな時はわざわざエンジンを1回止めてまたエンジンをかけ直さないといけません。

ライトを消す為にエンジンをかけ直す……

マジで面倒臭い!

オートライトなんて余計なお世話!

いらんわ!

仮にライトスイッチに「Auto」のスイッチがあれば普段は勝手に点灯してくれるから便利で、消したい時は「Off」にすれば消せてなんにも問題無かったのになぜ当時のトヨタは「Auto」のスイッチを付けなかったのか……

まぁたぶん消せないDRLと一緒で、夜間ヘッドライトのつけ忘れを気にしたんじゃないでしょうか?



まとめてパチンと1発で無効にしてみた


この改造作業は同世代のマトリックスやカローラに乗っている人達にとってメジャーなようで幸いネット上に情報がありました。

訳分からないリレーが絡んでいるので、情報がないと改造するのはすっごく面倒臭いと思います。


でこれがその訳分からないリレー
「RelayAssyRunningLight」

基板を見てもチップやらなんとかFET?やら多すぎて仕組みが全く分かりません。
(ちなみに今回作業する方法で取り外す必要はありません)


では作業を始めます。
一応電気が絡んだ作業なので心配だったらバッテリーの「-」端子は外しておきましょう。

それよりも、必ずエンジンが冷えている状態で行って下さい。

ヒーター用のパイプ?かなんかがある場所でゴソゴソ作業するのでパイプが熱いままだと腕が当たって火傷しそうになりました。


作業する場所は運転席です。
ハンドル右側の裏側にお目当てのリレーがあります。
作業する際に体勢がブリッジ状態になるので頑張って下さい。


ブリッジしてハンドル下に頭を突っ込んで上を見上げるとこんな感じです。
ボルトを外します。
「+」ドライバーでも回せますが、割と硬く締まっていたので10ミリかなんかのレンチで外しました。


ボルトを外すとブラーんとなります。


リレーの箱をエンジン側にグーッと持っていきます。


そうすれば12番の赤白配線が見えます。


それをパチッと切ります。

これで終わりです。

たったこれ1本を切っただけで「DRL」と「オートライト」が無効になりました。


あとはボルトを締めて、配線をビニテ等でうまいこと絶縁処理すれば完了です。
(このビニテがなかなかくっつかない……コツはなんだろ?)


これでやっとオートライトのイライラから解放されて気分はスッキリ♡





以上です。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

guamcardiy

Author:guamcardiy
グアム在住の日本人です。

アクセスカウンター