記事一覧

ポッキリ折れた車のプラスチック製ドアハンドルを修理する(ToyotaCorollaMatrix04)

我が家の車齢12年の車の車内のプラスチック製ドアノブがポッキリ折れてしまったので修理してみました。

車ドアノブ折れ修理

※この記事はあくまでも自分がした事を紹介しているだけで、修理の方法を紹介している訳ではありません。
もしこの記事を参考に修理をした際になにかしらの問題が発生しても責任はとりませんのでご了承下さい。
ご自身で修理される場合は怪我などに注意して行いましょう。



そもそもの原因?メッキ剥がれ再塗装


恐らくですが、そもそもの原因はもともとメッキが剥がれていたのを再塗装した際のやり方が問題だったと思われます。

車ドアノブメッキ剥がれ修理
車内ドアノブのメッキが剥がれ、まぁなんとも見た目がよろしくない。

困った時のebayで調べてみましたが同じメッキ塗装の品は$30以上、ただ塗装しただけの品でも$20近くしました。

「時間を金で買う」
ならここで買えば終わりですが、まぁかなりの貧乏性な自分は
「金をかけずにやれそうならとりあえずやってみる」
をモットーにしているので時間と手間をかけて修理する事にしました。


とりあえず車から取り外して


メッキをペリペリ剥がしました。


で塗装します。
この時、塗装しやすいと思ってドアノブの空洞になっている部分に割り箸を突っ込んで、ドアノブが引っ張られている状態にしたのがダメだったと思います。


(使ったスプレーは塗るのが難しかった……)
ドアノブを裏から除くと「コの字」になっています。
ドアノブを引っ張った状態にする為に何日間も割り箸を挟んだままで、「コの字」部分にバネの戻す力が加わり負担が掛かっていたので……


車に戻してたった何日かで、引っ張ったら見事ポッキリ折れてしまいました。


折れたドアノブを修理する


困った事に、ドアノブはドアを開ける度に毎回力がグっと加わるのでただくっつけば良い訳ではありません。
強度と耐久性が必要です。


まずはYoutubeで修理方法を調べてみた


で、困った時のYoutubeでいろいろと調べてみました。

ちなみにyoutubeに限った事では無いですが、車に関する事は日本語で調べるより英語で調べた方がいろいろと情報が多いです。
この違いはなんなんですかね?

もし「英語なんて難しくてわからない」と思っていても、youtubeなら動画なので見ていればなんとなくでも理解できると思います。

例えば
修理は「repair」
交換は「replace」
取り外しは「remove」

で後は自分が作業するパーツの名前を入れればいろいろと出てきます。

自分は今回、
「door handle repair」
とか
「car plastic repair」
とかで調べました。


必要なもの


Youtubeでいろいろ調べたら使えそうな情報を見つける事が出来ました。
ちなみに日本語だと一切出てこなかったです。

その人は、「グラスファイバー」と「2液混合するエポキシボンド」を使っていました。

あとはボンドを混ぜる為に、
「捨てて良い表面がツルツルした硬い台紙など」
自分はコーンフレークのパッケージを使いました。
「竹串など」

車のエアロなんかを自作する時とかによく使われていますが、折れたプラスチックの修理にグラスファイバーが使えるとは知りませんでした。

LoctiteEpoxyPlastic
Youtubeで見たのと同じボンドを偶然持っていました。
パッケージにはちゃんと「fiberglass」と書いてあるではないですか。
(グアムのHomeDepotで買ったLoctite Epoxy Plastic)

すると必要なのは「グラスファイバーのマット」だけ。

ってな訳でさっそくグアムのオートバックス「Napa」に行って探してみました。
で、だいたい$7ほどで売っているのを見つけました。

ebayでドアノブ買うより半分以下の値段なのでこれで直せたら素晴らしいです。

その時店の兄ちゃんに話しかけられ
「専用の液体が必要だよ」
とか
「それでドアハンドルの修理をするの?」
とか
「ebayで探したの?」
とか言われました。

店の人でも知らない方法のようで「マジかよ……」な感じで見られました。
自分も少し不安になりましたが、とりあえずマットだけ買いました。


グラスファイバーを貼り付ける



まずは塗装を剥がし、ボンドがくっつきやすいよう貼り付ける部分は(たしか)280番のサンドペーパーで荒らしておきます。
割り箸を挟む部分は変えました。


グラスファイバーのマットを切ります。
大きさは貼る場所に合わせ、なるべく大きな1枚になるように切りました。

貼る場所は「コの字」の内側と、ドアノブの裏側です。

グラスファイバーのマットを貼った流れはこんな感じです。
※写真を撮っているとボンドが固まってしまうので途中の画像はありません。

①ボンドをたっぷり塗る
②マットをくっつける
③トントントンと叩く感じでドアノブとマットに隙間ができないよう押さえつける+ボンドをマットに染み込ませる
④ボンドがあまり染み込んでいない部分にボンドを塗る
⑤③と同じ



これをボンドが乾かないうちに3回ほど繰り返して重ね貼りしました。
「コの字」の空洞は外から隠れる部分なので可能な限り重ねました。

気を付けた事
①全て手早く、でもしっかりやる
②ボンド適量をしっかり混ぜる
③マット全体にしっかりボンドを染み込ませる
④強度が心配なので隙間を作らない、空気を抜く
⑤乾かないうちに重ねて貼る

ドアノブの裏側は手に触れる部分なので、最後にマットの表面にボンドを多めに盛っておきました。
※グラスファイバーは細いガラスなので、手に刺さるとチクッと切れた感じで痛いです。

車ドアノブ折れ修理グラスファイバー
グラスファイバーのマットを貼り付けたドアノブの裏側。


表面は見た目を気にして貼りませんでした。


ボンドが固まったら塗装をすれば完了です。


結果は?


8月の後半に修理してから約1ヶ月が経ちますが、未だ何の問題もありません。

しかもかなりがっちりしっかりくっついています。


~今回かかった費用~
グラスファイバーマット だいたい$7
エポキシボンド 忘れましたが$6
(しかも今後も使える)

~もしebayで買っていたら~
純正品中古 $40以上
OEMメッキドアハンドル $30以上
OEM塗装ドアハンドル $20以上
送料は出品者により
(1度きり)

~塗装まで終わらせるのにかかった時間~
だらだらしながら3週間
(作業自体は単純なのでやる気を出せば4日)

~ebayで買ったら~
早くても10日ほど
(グアムは時間がかかったり輸送料が高かったり危険物で航空便が無理だったりネットショッピングがすごく不便な島国です。日本の翌日配達とか羨ましいです……)



以上です。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

guamcardiy

Author:guamcardiy
グアム在住の日本人です。

アクセスカウンター