記事一覧

グアムの交通手段の紹介と比較2017その1~路線バス~

観光客の主な交通手段であるグアムの路線バスの紹介2017年バージョンです。



バス以外は別のページで紹介しています↓
タクシーの紹介
送迎サービスや藤崎ハイヤーの紹介

グアム路線バスシャトルバス2017
デデドの朝市で待機する各社シャトルバス

※この記事、このブログが原因で何かしらの問題や損害、損失が発生しても責任は取りませんのでご了承下さい。




路線バスの基本的な情報


いくつかの会社が観光客向けに路線バスを運行しておりホテルが立ち並ぶタモンやタムニング地区、観光スポットの多いアガニヤ地区、ショッピングセンターや恋人岬など観光客が多かったり人気な場所を結んでいます。

ただしタクシーやツアー会社からの圧力か何なのか、空港を結ぶ路線バスはありません。
つい最近、やっと空港行きのバス路線ができました。


運行時間は平日・休日で分かれておらず、平日の夕方15~18時ごろはほぼ確実に渋滞に巻き込まれるので、その時間帯はなるべく移動しなくて済むようなプランを考えたほうが良いと思います。

※もし移動するなら、あまり渋滞しないマイクロネシアモールからGPO(北から南)の方向へ移動した方が良いです。


乗車方法



  1. アプリをダウンロードしていてネットに繋がるならバスの現在地を見ておく

    日本と同じく普通に遅れてきます。

  2. 利用するバス会社のバス停で待つ

    看板があります。

  3. バスが来たら乗り込む

    違う会社や違う系統のバスに乗らないように注意しましょう。旅行会社発行の無料バスチケットは利用可能なバス会社や系統が決まっています。

  4. 行き先を告げる (To K Mart など)

  5. 運賃を支払う(もちろん現金)、又は各種チケットを見せる

    ICカードなんて便利なものはありません。

  6. 自分が降りるバス停にちゃんと停まるか注意する

    運転手がすっかり忘れてバス停を通過してしまう事がよくあるので気をつけましょう。

  7. 目的のバス停に停まったら降りる

    降車ボタンは無く、運転手が覚えていたら勝手に止まってくれます。

  8. 見事バス停を通り過ぎたら急いで運転手に伝える

    運転手はいつものように笑って誤魔化しますが、もちろん怒る必要は無いです。いつもの事なので。



自分が学生の頃は本来のバス停とバス停の間の中途半端な場所でもサービスで降ろしてくれる運転手もいました。
とりあえず自分の行きたいところを伝えるのも手です。

あと学生だからとタダで乗せてくれる人も結構いました(笑)今はどうなんだろ?


グアムの有料路線バス




赤いシャトルバス


グアムトロリーバス
グアム赤いシャトルバス

路線図(jpeg)
時刻表2017 10月版 その1(PDF)
時刻表2017 10月版 その2(PDF)
時刻表2017 10月版 その3(PDF)

ホテルなどで同じ冊子が無料で手に入ります。

運行路線は9系統もあるのでいろんな場所に行けて便利ですが目的地によっては乗り継ぎが必要です。
(昔はホテルロードからKマートまで直接行けましたが今は無理です)

運行時間は路線により異なりますがだいたい9時~21時半頃の間、デデドの朝市へ向かうバスはかなり朝早いです。

一部旅行会社が発行する無料のバスチケットを利用可能です。

Tギャラリア(DFS) のチケットカウンターのみクレジットカードが利用可能と聞いた事があります。

料金は路線により異なりますが基本的に片道$4(6歳未満無料)

1日乗り放題券は$12。
子供(6歳~12歳)乗り放題券は$13。
(たぶん期限が無い)

1日乗り放題券といってもこの会社の全ての路線に乗れる訳ではありません。

Wifi アクセス権付きの乗り放題券があり、バス停付近などでインターネットへの接続が期間限定で可能です。
(2日乗車券 $15 = Wifi 24時間、5日乗車券 $25 = Wifi 72時間)



ついに登場!空港シャトル


グアム空港シャトル

昨年の9月……だったかな?長年タクシーの独擅場だった空港に、赤いシャトルバスを運行しているラムラムツアーがとうとう喧嘩を売って?空港へのアクセス手段にやっと路線バスが加わりました!

といってもルートはTギャラリア(昔のDFS)→空港のみで、空港を出発する路線バスは依然ありません。
(もしかしたらあります)

さらに、帰国便がかなり集中する時間帯に合わせ運行時間は13時45分~17時15分のみなので深夜帯など帰国便の時間によっては利用できません。
(航空会社は出発時刻2時間前のチェックインを勧めてますが、自分はいつも早くて1時間半くらい前にしてます。1時間前とかにチェックインすると係りの人に遅いと怒られます。30分前だと係りの人は裏に引っ込んでました。)

気になるお値段は片道お1人$7(6歳未満無料)


時刻表



  • Tギャラリア発→空港(約15分)
    13:45
    14:15
    14:45
    15:15
    15:45
    16:15
    16:45
    17:15




こんな方におすすめ


Tギャラリアの近くのホテルに宿泊している人
(グアムプラザ、アウトリガー、デュシタニ)

バスの無料券を持っていてTギャラリアまで無料で移動できる人

荷物を持ってあちこち移動するのに我慢できる人

など人数によってはタクシーより安く空港へ移動できると思います。

空港からホテルまでタクシー1台いくらかかったかを元にして、どちらが安いか検討してみて下さい。


Guam Mass Transit (GRTA)


バス停が…無い?
Guam Mass Transit Bus

政府が運行している現地人向けの路線バスです。

最近力を入れ始めたようで、新車を導入したり時刻表や路線図をネットで見れるようになりました。

Guam GRTA
↑去年導入された新車

あくまでも日常的に使う現地人向けのバスなので上の写真のようにバス停の看板がなかったりと、観光客だけでなく普段使わない現地の人ですらどこから乗れば良いか、どこへ行くのか分からないと思います。

さすが政府が運行しているバスだけあって片道お値段はなんとたったの$1、1日パスは$3!

まぁグアムで暇すぎてちょっと冒険したいなら使ってみるのも良いかなと思います。
(帰ってこれなくなっても知りません)

ちなみに一方向のみの運行、働きすぎないグアムの人なので日曜祝日はしっかりと運休です。

でなんと公式ページを見る限り、とある路線は空港からタモンまで走ってるっぽいので今度時間がある時追っかけしてみます。
(時刻表では空港からタモンまで40分……でも$1……)

Guam Regional Transit Authority 公式ページ
(路線案内・時刻表など)

あと公式アプリも見つけました
GRTA公式アプリ(PlayStore・アンドロイド用)


ツアー会社の路線バス




LeaLea レアレアトロリー(元 Sirena シレナトロリー)


グアム LeaLea レアレアトロリー
※ちなみにこのバス、ツアーの空港送迎でも使われています

~Aホテルコース 始発・最終時刻表~
グアムレアレアトロリーホテルコース時刻表
~Bショッピングセンターコース 始発・最終時刻表~
グアムレアレアトロリーショッピングセンターコース時刻表
↑上の2枚はクリックすると拡大します
※スマホの場合、クリックした後画像をスマホに保存すると見やすいです。

レアレアトロリー公式サイト
(路線図・一部時刻表・一部運賃)

レアレアトロリー公式アプリ
「AppStore・iphone用」
「PlayStore・アンドロイド用」
(路線図・各バス停の時刻表・運行状況・空席情報)

このアプリをわざわざダウンロードすれば各バス停の時刻表やバスの現在地を確認できます。
(時刻表の冊子やサイトは見た事無いです。)
インターネットへの接続が必要なので、例えば外出先で「次のバス何時だろ?今どこだろ?」と思ってもネットが無ければ使えないです。


HISが運行しているバスでHIS系のツアーで申し込めば貰える「レアレアトロリーの無料バスチケット」を持っている人のみ乗車可能で、そのチケットを持っていないと乗車拒否されます。
(何年も前、知らずに乗ろうとしたら乗車拒否されてイラッとしました……)

HISのツアーに申し込まなくても、HISのサイトでバスチケットのみ購入可能です。
(自分が見た時は7日間$18、11歳以下無料でした)


運行時間はだいたい8時半~21時半です。

運行区間はだいたい赤いシャトルバスと一緒ですが、カフェやサンタフェホテルに停まるなど若干バス停が多いです。
※サンタフェホテルのバス停は4/1/16に撤去されました。


デデドの朝市フリーマーケットとチャモロビレッジのナイトマーケットの往復は有料


グアムレアレアトロリーフリーマーケットシャトル時刻表

グアムレアレアチャモロビレッジシャトル時刻表

土日早朝のデデドの朝市(フリーマーケット)と水曜夜のチャモロビレッジ行きの便は往復$8(5歳以下無料)の有料です。
(チャモロビレッジシャトルは行きも帰りもめちゃくちゃ混むのでお金に余裕のある人はタクシーの方が良いかも……)

ちなみにレアレアラウンジ(ザ・プラザ内)で事前に購入すれば$7。

チャモロビレッジへの往路便はリーフホテルからのみ乗車可能で復路は主要ホテルまで運行するみたいです。

「つまりどのホテルまで?」


アガニヤショッピングセンターコースは運行日に注意


利用客が少ないからかなんなのか、火・木・土曜日のみ運行です。



JTBバス※2017年4/1以降運行中止


グアムJTBバス

JTBバス公式ページ
(路線図・時刻表)

赤いシャトルやレアレアと違って個性的な路線があったり朝市も無料で行けたんですが、残念ながら3/31をもって廃止されました。

JTBが運行しているバスで、ツアーで申し込んだ専用のバスチケットを持った人しか利用できません。
なのでバスチケットを持っていないと乗車拒否されます。
ホテルロードの移動用としては一番早い朝7時から運行しています。


Fukuda


グアムFukudaバス
トップの写真の左奥がFukudaのバス

街中でもよく見かけるのですが、公式サイトが見つからないのでよく分かんないです。



無料路線バス


皆さん大好き無料で乗れる路線バスです。
本来はあくまでも「買い物客向け」なのでご注意を。



Tギャラリア(DFS)無料シャトルバス


グアムTギャラリアDFS無料シャトルバス
さすがギャラリアのバスだけあっておしゃれ

昔に比べ路線はだいぶ減りましたが、Tギャラリア(DFS)~一部のホテルを無料で結んでいます。

運行時間は店の営業時間に準じているため、他の路線バスに比べ最も遅い夜23時頃まで運行しています。


ルートA


Tギャラリア
↓ ニッコー
↓ ロッテ
↓ ウィスティン
↓ リーフ
↓ Tギャラリア


ルートB


グアムTギャラリアバスルートB
Tギャラリア
↓ ホリデーリゾート
↓ フィエスタリゾート
↓ パシフィクスター
↓ PIC (パシフィックアイランドクラブ)
↓ ヒルトン
↓ ロイヤルオーキッド
↓ パシフィックベイ
↓ Tギャラリア


※公式サイトはなぜかありませんでした。
※時刻表は準備中です。


タモンサンズプラザ~GPO無料シャトルバス


Guam Tumon Sunds Plaza GPO Bus

TSP~GPO無料シャトルバス公式ページ
(路線図・時刻表)

タモンサンズプラザ→ロイヤルオーキッド→GPO
(復路はGPO→PIC→タモンサンズプラザ)
のみを無料で結んでいます。



路線バスのメリット、デメリット


~メリット~
人数にもよりますがタクシーに比べ基本的に安い、もしくは無料。

値段が決まっているので安心。

1日乗車券などお得な物もある。

タモン近辺ならほとんどの場所へ行ける。

バス停が多いので利用しやすい。


~デメリット~
短い間隔で何個もバス停に止まるし支払いに時間がかかるので目的地が遠いと気が狂うくらい時間がかかります。(タクシーより3、4倍ほどの時間)

雨が降ったら大変。ずぶ濡れ。

荷物が多いとバス停からホテルまで歩くのが大変。

座れない事もある。

目的地によっては乗り継ぎが必要。

日本と同じく遅れる。

営業時間を気にする必要がある。



レアレアトロリーと赤いシャトルバスどっちが良いの?


ツアーに申し込んだ際に一緒に無料パスが付いてくれば悩む必要ないですが、個人手配で旅行する時なんかは悩みどころです。

運行区間や経路、経由は両方ともほぼ一緒ですが、ナイトマーケットに行く場合レアレアはリーフホテルからしか出発しない、赤いシャトルはTギャラリア、GPO、レオパレスからしか発着しません。

乗り放題券が使えない朝市とナイトマーケットは赤いシャトルの方が安いです。
(でもレアレアは往復券を事前購入すれば同額)

もしグアム滞在中にバスを利用する機会がほとんど無いようなら、1往復$8なので赤いシャトルバスで良いと思います。
(それか無料路線バスに乗る)

で、滞在中2日連続でバスを利用する機会がありそうなら赤いシャトルの乗り放題券を買ったほうが安上がりです。

赤いシャトルの1日券は$12、2日券は$15。

レアレアは自分がHISのサイトを見た時は7日間乗り放題$18で赤いシャトルの5日券$25の方が高いので、3日以上バスを利用するならレアレアの方が安い。

アガニヤ地区を観光する予定があるなら赤いシャトルは乗り放題券が使えず別途$10の周遊券が必要、でもレアレアは乗り放題券で乗れる。


~もし子供がいる場合~
どちらも6歳未満は無料。

赤いシャトルはたぶん無期限の子供(6~11歳)乗り放題券$13があるのでかなり安い。が、HISのサイトを見た時レアレアは$18の乗り放題券を買えば無料で子供(11歳以下)乗り放題券がついてきました。



バスとタクシーと送迎サービスどっちが良いの?


値段を考えるならもちろんバス。

でも人数が多いとタクシーの方が安くなるかもしれないです。

あとせっかく旅行に来てて移動時間がもったいないと思うなら時間をお金で買ってタクシーの方が良いかもしれないです。

荷物が多かったり重かったり、小さな子供を連れている時なんかもタクシーの方が楽だと思います。

でも、タクシーはぼったくりの心配もあるので予定が決まっているなら藤崎ハイヤーに予約しといた方が良いです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

guamcardiy

Author:guamcardiy
グアム在住の日本人です。

アクセスカウンター